top of page
検索
  • 執筆者の写真一 川口

寛解への道5

いまだに復旧作業に追われている九州および中国地方と四国の皆さまには

心からお見舞いを申し上げます

首都圏の梅雨はどこへいったやらまるで

梅雨明けを感じさせる晴天と猛暑で溶けそうです


移動時間を活用して健康維持と不具合の寛解への道筋と心構えなど共有させてください


まず本日2回目の私たちの師匠の言葉です


「あのね


 細胞には2つの命が宿ってるの


 酸素がない時の命と

 酸素が生まれてからの命なの


 ガンは酸素がない時の命が

 暴走したものなの」


太古の命も宿る私たちの身体の神秘の力を最大限に活かしてみませんか?


それとも神秘の力を抑えてしまうクスリで対処療法の迷宮(ラビリンス)に迷い込みますか?


はじめ

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page