top of page
検索
  • 執筆者の写真一 川口

寛解への道13

おはようございます☀

線状降水帯は落ち着いたようですがこれからの3日間はまとまった雨が各地で予想されていますのでこれまで豪雨に見舞われた皆さまは傾斜地や崖などの地盤にご留意くださいませ


さて 本日は師匠の言葉第10弾です


「あのね


 体温を上げる力は細胞の命のうち酸素が

 生まれてからの命が生むエネルギーなの


 でね 細胞に宿る命のうち酸素がない頃

 の命が暴走するとガンになるんだよ


 だからガンを抑えるために体温スイッチ

 を入れて深部体温をを上げないとダメね」


 私たちが進化の過程から細胞に内包した

 異なる命の性質を知ることは特にガンを

 克服するために大切な理解であり寛解を

 実現する為の大きなヒントになるのです


 ガンに対峙した私たちが知るべきことは

 ガンがなにをエネルギー源として拡大を

 続けるのかであり基本的なガンの食べ物

 に関する情報と正しい理解が不可欠です


 酸素が生まれる前の太古の地球において

 生命体が取り込みエネルギーを得る為に

 選択した食べ物はまず塩分つまりNaClと

 糖質特に単糖類の2つと理解しましょう


 ここで不可欠なのは「塩」と「塩分」の

 区別であり運命の1つめの分かれ道です

 海から生まれた生命体にとって塩は福音

 塩分は劇薬と言える程違うものなのです


 芸能人などのガン闘病動画で散見される

 搾りたてフレッシュフルーツジュースを

 一気にあおるシーンに私たちは胸を痛め

 たものです 果糖は単糖類に極めて近く

 ガン細胞の格好のエネルギー源なのです


 いかがですか


 本日はまずガンと闘う基礎知識として

 ガンの大好物について語りましたので

 またの機会にはガンの大敵についての

 お話をさせて頂くことといたしますね


 はじめ

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page